2017/08/18 15:00

来日した「新感染」ヨン・サンホ監督「全ゾンビ映画の作り手はロメロ監督に借りがある」

映画ジャーナリストの 宇野維正氏(写真左)と共に
映画ジャーナリストの 宇野維正氏(写真左)と共に

 [映画.com ニュース] 韓国で観客動員1100万人を突破し、ハリウッドリメイクも決定したサバイバルアクション「新感染 ファイナル・エクスプレス」のメガホンをとったヨン・サンホ監督が来日し8月17日、都内で行われたトークイベントに出席。映画ジャーナリストの宇野維正氏とトークを繰り広げた。

 韓国国内で、謎の感染爆発が発生。凶暴化した感染者の1人がソウル発プサン行きの高速鉄道「KTX」の車内に乗り込んだことから、1人また1人と感染者が増大し、車内は地獄絵図と化していく。そんななか、妻のもとへ向かう夫と幼い娘、出産間近の夫妻、高校生カップルといった乗客たちは、時速300キロで走行する密室の中で決死の戦いに身を投じる。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」で95%(8月17日時点)の高評価を記録した。

 本作が初の実写映画監督作となるヨン監督は、アニメ映画の監督として名をはせた人物。「今敏監督の初期のリアリズムあふれる作品が大好き」と自身のルーツを語り「本作のおかげで、私が過去に手がけたアニメ作品も日本で続々と公開が決まり、うれしいです」と顔をほころばせた。本作は、世界156カ国から買い付けオファーが届くなど激賞されており、監督の海外進出も期待されるが「海外で撮ることに対しては、常にオープン。でも、どの国で撮るかよりも重要なのは、自分が完璧にかかわることのできる条件かどうかです」と地に足の着いた意見を述べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >