2017/08/21 21:00

マーゴット・ロビー、謎のSFスリラーをプロデュース

プロデューサーとしても活躍するマーゴット・ロビー 写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
プロデューサーとしても活躍するマーゴット・ロビー 写真:Evan Agostini/Invision/AP/アフロ

 [映画.com ニュース] 米人気女優のマーゴット・ロビーが、SFスリラー映画「Augmented(原題)」をプロデュースすると、米バラエティが報じた。

 米ワーナー・ブラザースが獲得した、マーク・タウンゼントによるオリジナル脚本の映画化。あらすじの詳細は不明で、現時点ではキャストも未定だ。ワーナーは、ファーストルック契約を締結しているロビーと映画プロデューサー、デニーズ・ディ・ノビ、それぞれの製作会社に「Augmented」の企画開発を依頼した模様。ロビーがウィル・スミスと共演したクライムコメディ「フォーカス」でディ・ノビは製作を務めている。

 ロビーは、「フォーカス」「ターザン: REBORN」「スーサイド・スクワッド」と立て続けにワーナー作品に出演しており、同スタジオと昨年、ファーストルック契約を締結した。現在準備中の「スーサイド・スクワッド」のスピンオフ映画「Gotham City Sirens(原題)」では、ハーレイ・クイン役で主演を務めるだけでなく、製作総指揮も兼ねる予定だ。

 脚本家のタウンゼントは、まだ無名の存在だが、タイムトラベルを題材にした映画脚本「Contingency Protocol(原題)」が、同作は、2016年にブラックリスト(未製作の優秀脚本リスト)に選出された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >