2017/08/22 04:00

大泉洋が小説に“主演”!完全あてがきの異色作「騙し絵の牙」8月31日発売

 [映画.com ニュース] 作家・塩田武士氏が、俳優の大泉洋をモデルに主人公を「あてがき」した小説「騙し絵の牙」が8月31日に出版される。

 大手出版社で雑誌編集長を務める主人公・速水輝也は、上司から休刊をにおわされたことをきっかけに組織に翻ろうされ、次第に速水の異常なほどの執念が浮上してくるという内容。昭和の未解決事件「グリコ・森永事件」を題材にした小説「罪の声」で山田風太郎賞などを受賞した新聞記者出身の塩田氏は、4年にわたり大泉を取材し、その話術や笑いを緻密に分析、主人公の速水輝也と大泉の“完全同期化”を目指したという。

 大泉は、著書「大泉エッセイ 僕が綴った16年」の編集者に、雑誌「ダ・ヴィンチ」で紹介するおすすめの本を毎回相談していたことが本作のきっかけだと明かす。「映像化されて、私が主演できるような小説をと。それを、毎回訊かれるのが、彼女はめんどくさくなったんでしょうね。『じゃあ、もう大泉さんを主人公としてイメージした本をつくります!』と言ったのが始まりなんです」と説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >