2017/08/22 14:45

市村正親「一線を越えている」妻・鳳蘭と「屋根の上のヴァイオリン弾き」に意欲

(前列左から)市村正親、鳳蘭 (後列同)神田恭兵、唯月ふうか、入野自由、 実咲凛音、広瀬友祐、神田沙也加
(前列左から)市村正親、鳳蘭 (後列同)神田恭兵、唯月ふうか、入野自由、 実咲凛音、広瀬友祐、神田沙也加

 [映画.com ニュース] 俳優の市村正親が主演するミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」の製作発表が8月22日、都内のホテルで行われた。

 森繁久彌さん主演の日本初演から今年で50周年の節目となる記念公演。2004年に西田敏行から主人公のテヴィエ役を引き継いだ市村は、「森繁さんがいなかったら、日本では定着していなかった。同時に家族、人権の問題など内容が豊富で作品として素晴らしい。また、僕が持つ若さ、エネルギー、情熱が支えていると自分だけで思っている」と自賛交じりに作品の魅力を語った。

 09年からコンビを組んでいる妻ゴールデ役の鳳蘭とは40年来の親交があり、「僕らはもう一線を越えていますので、いいミュージカルがお見せできる」と自信ありげ。「女房のあらゆる部分を兼ね備えているツレさん(鳳の愛称)と一緒だと、任せていれば人生がうまくいくと思わせてくれる。豊満な胸の中で生きるようにやりたい」と全幅の信頼を置いた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >