2017/08/22 18:00

アダム・ドライバー、ジャームッシュ監督作「パターソン」で学んだ“スローライフのススメ”

スティーブン・ソダーバーグ、 テリー・ギリアムとのコラボが控える (C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
スティーブン・ソダーバーグ、 テリー・ギリアムとのコラボが控える (C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.

 [映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」や「沈黙 サイレンス」で知られるアダム・ドライバーが、ジム・ジャームッシュ監督と初めて組んだ映画「パターソン」について語った。

 舞台は、米ニュージャージー州パターソン。詩を愛し、妻と愛犬と暮らすバスの運転手パターソン(ドライバー)の静かな日常を、ユーモアを込めて丹念に描き出す。「彼女が消えた浜辺」「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のゴルシフテ・ファラハニがパターソンの妻、「ミステリー・トレイン」でもジャームッシュ監督と組んだ永瀬正敏が、パターソンと出会う日本人詩人を演じる。

 本作に出演した理由を「ジム・ジャームッシュだよ。それが理由のすべてと言っていいね」と語るドライバーは「彼は、現役で活躍する最高の映画監督の1人。自分が雇ってもらえることなんか、絶対にありえない巨匠だ。そんな、まさかの出来事が起こったと思ったら、彼は僕の意見を聞いてくれたりしたんだよ。偉大な映画監督が、僕みたいなただの俳優がどう思うかに興味を持ってくれるなんて、信じられないじゃないか」と喜びを爆発させる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >