2017/08/22 21:45

貫地谷しほり、大東駿介が過ごした充実の“因島生活”に嫉妬?

因島で撮影を敢行
因島で撮影を敢行

 [映画.com ニュース] 人気作家・湊かなえ氏の第65回日本推理作家協会賞短編部門受賞作を映画化した「望郷」の完成披露上映会が8月22日、東京・新宿武蔵野館で行われ、ダブル主演を務めた貫地谷しほりと大東駿介、菊地健雄監督が出席。貫地谷が「誰しもが感じたことのある“窮屈さ”が映っている作品」と本作を言い表すと、続けて大東は「この作品を通じて、自分が生きた31年に初めて向き合えた気がしました。自分と見つめ合うという機会は中々ない。それを自然とさせてくれる映画」と語っていた。

 累計発行部数50万部を突破した原作は6編が収録された短編集で、そのうち「夢の国」「光の航路」を映画化。ある島で起こる2組の親子の過去と未来をつなぐ物語となっており、「夢の国」パートの主人公・夢都子を貫地谷、「光の航路」パートの主人公・航を大東が演じている。また、湊氏の故郷で、物語の舞台のモデルでもある因島で撮影が行われており、菊地監督は貫地谷と大東を起用した理由について「島で生まれ育ったという感じを体現できるため」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >