2017/08/23 05:00

「幼な子われらに生まれ」、“日本代表”としてモントリオール映画祭コンペ部門に出品!

三島有紀子監督が喜びのコメント (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
三島有紀子監督が喜びのコメント (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 浅野忠信と田中麗奈が夫婦役を演じ、直木賞作家・重松清氏が1996年に発表した小説を実写映画化した「幼な子われらに生まれ」が、8月24日(現地時間)にカナダで開幕する第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門に正式出品されることがわかった。

 バツイチ同士で再婚した中年サラリーマン・信(浅野)と妻の奈苗(田中)。奈苗の妊娠を機に、奈苗の連れ子である長女が「本当のパパに会いたい」と訴えたことから、家族の仲がギクシャクしていく。「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子監督がメガホンをとり、宮藤官九郎、寺島しのぶらが脇を固める。

 モントリオール世界映画祭は、トロント国際映画祭と並ぶ北米最大規模の映画祭。近年の日本映画では、2016年に「たたら侍」がワールドコンペティション部門最優秀芸術賞、14年に「そこのみにて光輝く」の呉美保監督が最優秀監督賞、「ふしぎな岬の物語」が審査員特別賞とエキュメニカル賞、11年に「わが母の記」が審査員特別大賞、13年に「利休にたずねよ」が最優秀芸術貢献賞、10年に「悪人」の深津絵里が最優秀女優賞を獲得するなど、日本映画界にとっては縁が深い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >