2017/08/23 14:00

もうひとりの“ワンダーウーマン”パティ・ジェンキンス監督の曲げられない信念

来日したパティ・ジェンキンス監督
来日したパティ・ジェンキンス監督

 [映画.com ニュース] 北米で今夏No.1の大ヒットを記録した「ワンダーウーマン」で、DCコミックスが誇るプリンセスにして美女戦士の活躍を大スクリーンに描き出したパティ・ジェンキンス監督が来日。そこには、ポジティブで自信にあふれ、それでいて謙虚な、もうひとりの“ワンダーウーマン”の姿があった。

 映画は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で鮮烈なスクリーン初登場を果たした、ガル・ギャドット演じるダイアナことワンダーウーマンのオリジンストーリー。外界から閉ざされた、女性だけの島で戦士へと育てられたダイアナは、島に不時着したパイロットでスパイのスティーブと出会ったことで、世界が戦火に包まれていることを知り、戦争を止めるため最前線へと乗り込んでいく。

 ジェンキンス監督自身が子どもの頃からのワンダーウーマンのファン。コミックや、1970年代に放送されたリンダー・カーター主演のテレビシリーズ「空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン」に親しみ、「大人になったらこういう女性になりたいと思ったのは、すべての要素を持っていたからなんです。つまり、力強いのに、とても美しくて魅力的で、母性本能があり、優しくてソフトな面も持っている」とキャラクターの魅力を力説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >