2017/08/23 20:20

阪本順治監督、日本・キューバ合作「エルネスト」製作の道のりを報告

撮影時のエピソードを語った阪本順治監督
撮影時のエピソードを語った阪本順治監督

 [映画.com ニュース]オダギリジョーが主演を務めた、日本とキューバの合作映画「エルネスト」の試写会が8月23日、東京・千代田区の日本記者クラブで行われ、メガホンをとった阪本順治監督が上映前の会見に出席。製作の経緯、撮影時のエピソード等を明かした。

 映画は、キューバ革命の英雄として知られるチェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加し、ゲバラから「エルネスト」と名付けられた日系人フレディ・前村の知られざる生涯を描く。2013年の後半にフレディの存在を知ったという阪本監督は、「ゲバラとともに戦った“革命戦士フレディ・前村”というよりは、名もなき医学生が、どういうキャンパスライフを経て、そこ(革命軍)に至ったのかを描きたかった」と明かす。

 企画が立ち上がってからは、課題が山積みだったという。「まずキューバと合作が可能か確認しないといけない。合作はいくつもやったことがありますが、社会主義国と合作を目指すのは初めて。民間のプロダクションがありませんから、国の機構と組まないといけない。映画も作っているテレビの機構がありまして。今回はそこと組みました。まず内容を説明し、組めるかどうか。それが2014年の6月。最初の動き始めでした」。その後キューバに渡り、フレディの大学時代の友人、ゲバラの側近らに話を聞いたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >