2017/08/24 11:00

悪役ジョーカーのオリジン映画が始動 「ハングオーバー!」監督がメガホン

希代の悪役ジョーカーがついに単独映画に Courtesy of DC Entertainment
希代の悪役ジョーカーがついに単独映画に Courtesy of DC Entertainment

 [映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが、バットマンの宿敵ジョーカーを主人公にした新作映画の企画開発を進めていることがわかった。「ハングオーバー!」3部作のトッド・フィリップス監督が、監督・共同脚本で交渉中だという。

 ジョーカー誕生の物語を描くタイトル未定の新作は、ワーナーが現在展開中の“DCエクステンデッド・ユニバース”には含まれず、「スーサイド・スクワッド」で同役を演じたジャレッド・レトとは別の俳優が起用される模様。米バラエティによれば、1980年代を舞台にしたタフな犯罪ドラマを想定しているという。

 スコット・シルバー(「8 Mile」「ザ・ファイター」)がフィリップス監督とともに脚本を執筆。米Deadlineは、マーティン・スコセッシが製作を務めると報じているが、実際には未確定のようだ。

 ワーナーは本作を皮切りに、DCコミックスのスーパーヒーローや人気悪役たちをユニークな視点から描く新シリーズを立ち上げるという。現行の“DCエクステンデッド・ユニバース”では、女性スーパーヒーローの活躍を描く「ワンダーウーマン」が8月25日、バットマンを中心としたヒーローチームの結成を描く「ジャスティス・リーグ」が11月23日に公開。今後は、ジャスティス・リーグのメンバーであるアクアマンやフラッシュを主人公にした単独映画や、「スーサイド・スクワッド」の続編が予定されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >