2017/08/24 12:30

来日中のノーラン&山崎貴、「ダンケルク」監督談義で大盛り上がり!

裏話も多数飛び出した
裏話も多数飛び出した

 [映画.com ニュース]クリストファー・ノーラン監督が約7年ぶりに来日し、8月23日に東京・丸の内ピカデリーで行われた最新監督作「ダンケルク」のジャパンプレミアに出席した。会場には、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0」を手がけた山崎貴監督も駆けつけ、監督談義に花を咲かせた。

 第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。

 本作を一足先に鑑賞した山崎監督は「『インターステラー』は初めて宇宙に行って撮ってきたような作品でしたが、今回も大変でしたね。戦場に放り込まれて、終わったときに映画だったと気づく。ノーラン監督の作品は、本当にその場所に連れて行ってくれる。映画というよりは体験。『本物スゲー』って思いました」と興奮をあらわ。「タイムトラベルしてる感が本当に強くて、本当に爆発してるし本当に(船や人が)沈んでる。それは……卑怯(ひきょう)だなと(笑)」とノーラン監督をせん望のまなざしで見つめた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >