2017/08/25 20:00

永瀬正敏、ジム・ジャームッシュ作品と27年ぶりの運命的な邂逅「奇跡のような作品」

 [映画.com ニュース]米インディペンデント映画界の伝説的監督、ジム・ジャームッシュの第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作「パターソン」(2016)が8月26日公開する。日本を代表する映画俳優の永瀬正敏が、「ミステリー・トレイン」(1989)以来、27年ぶりにジャームッシュ作品に出演。ニューヨーク郊外の町に突如現れる日本から来た詩人という独創的な役柄で、主演のアダム・ドライバーとともにジャームッシュならではの詩的な世界観を完成させている。唯一無二の存在感で、世界の映画作家に愛される永瀬に話を聞いた。

 ニュージャージー州の小さな町、パターソンに妻とふたりで住む、バス運転手のパターソンという名の青年が主人公。単調な日々の中でも、詩人でもあるパターソンは日常のすべてから美しさを掬い上げることができる。そんなパターソンの7日間をユーモラスで優しい語り口で描いた珠玉の佳作だ。

 永瀬が演じたのは、物語の終盤でパターソンが出会う謎めいた日本人の詩人役。ジャームッシュ監督から直接メールでオファーがあった。「『ミステリー・トレイン』で縁が切れてしまうのではなく、20数年間節々で繋がってお付き合いさせていただけることだけで光栄なのに、今回僕を思い出して役をあててくださった。なんともいえないうれしさがありましたね」と感慨深げに語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >