2017/08/26 21:30

三浦透子&井之脇海“一秒一秒”向き合った「月子」公開に感慨深げ

公開に感慨深げ
公開に感慨深げ

 [映画.com ニュース] 越川道夫監督の長編映画第3作「月子」が8月26日、東京・新宿K's cinemaで封切られ、越川監督のほか、ダブル主演の三浦透子と井之脇海が初日舞台挨拶に出席。「約1年前に撮ったんですが、その時はまだ公開できるかもわからない状態」と明かした三浦が「公開を迎えられることが、こんなにも幸せなことなんだと実感しています」と思いの丈を述べると、井之脇は「公開してもレイトショーだと思っていましたが、まさかの1日3回上映。初日にこんなに多くの方が来ていただけたことが嬉しいです」と喜びを噛み締めていた。

 本作は、「永い言い訳」「誰も知らない」「海よりもまだ深く」の撮影を務めた名カメラマン・山崎裕と越川監督がタッグを組んだロードムービー。父を亡くし、生き場所を失った青年・タイチ(井之脇)と、施設から逃げ出してきた知的障がいを持つ少女・月子(三浦)の旅路を描く。自閉症に関して学ぶことから役づくりをスタートさせた三浦は「調べれば調べるほどわからなくなって。今回は原作やモデルの方もいなかったので、毎日毎日あっているのかなって考えながらやっていたんです」と告白。そして「わかった気になってしまうことが一番危険だと思って演じていました。だからこそ、月ちゃんのことを“一秒一秒”必死に考え、撮影の5日間を全うしました」と振り返っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >