2017/08/26 21:35

浅野忠信“ダメ夫”に共感し“妻”田中麗奈に平謝り「すみません奥さん」

舞台挨拶に立った浅野忠信と田中麗奈
舞台挨拶に立った浅野忠信と田中麗奈

 [映画.com ニュース] 直木賞作家・重松清氏の小説を映画化した「幼な子われらに生まれ」が8月26日、全国29館で公開された。主演の浅野忠信をはじめ、共演の田中麗奈、宮藤官九郎、南沙良、鎌田らい樹、新井美羽ちゃん、メガホンをとった三島有紀子監督が東京・テアトル新宿での舞台挨拶に立った。

 重松氏が1996年に発表した同名小説を映像化したヒューマンドラマ。中年サラリーマンの信(浅野)と妻の奈苗(田中)はバツイチ同士で再婚し、奈苗の連れ子である2人の娘と共に暮らしていたが、長女の「本当のパパ」に会いたいという発言を機に家族に不協和音が生じ始める。

 奈苗は、元夫・沢田(宮藤)のDVが原因で離婚に至ったという設定。そのため宮藤は、開口一番「娘には見せられない映画」と苦笑い。さらに「役に共感はできない。でも『やっぱり人間そういうところもあるよな』という部分も描かれていた。(沢田のしたことは)そう思ってはいけないくらいのレベルのことですが」と明かす。奈苗の現夫・信を演じた浅野も、「僕も信の目線だと、そういうことを思うことがあるかもしれません」と同調したが、すぐに田中に視線を移し「すみません、奥さん」と平謝りしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >