2017/08/27 21:25

秋吉久美子「ノーブラ撮影だった」 藤田敏八監督「妹」撮影秘話を語る

トークショーを行った秋吉久美子と 聞き手の樋口尚文氏
トークショーを行った秋吉久美子と 聞き手の樋口尚文氏

 [映画.com ニュース] 没後20年となった藤田敏八監督の特集上映が8月27日、東京・池袋の名画座「新文芸坐」でスタートし、日活製作の「赤ちょうちん」「妹」(いずれも1974年公開)に主演した秋吉久美子がスペシャルトークショーを行った。

 「妹」を観客といっしょに見た秋吉は、立ち見が出る大盛況に「元若者に囲まれて、幸せです」と“らしい”言い回しで、まずは挨拶。「当時を思い起こしながら、ああ、ケータイないんだな、と思いましたね。でも、(今にない)豊かな部分もあったんですよ」と話し始めた。

 「妹」は、フォークグループ「かぐや姫」の大ヒット曲をモチーフに、突然、同棲相手の元から逃げてきた妹と、兄(故林隆三さん)の近親相姦を思わせる共同生活を描く。劇中で全裸も披露する秋吉は、“同棲相手を殺してきた”とミステリアスな告白をする妹を演じた。

 秋吉の主演映画「インターミッション」(2013)の監督で、映画評論家の樋口尚文氏が聞き手を務めたが、ほとんど秋吉のワンマンショー。「今だったら、あんな女を映画で撮りますかね? 台本には噛むなんて、書いていないんだけど、本番で(林さんを)噛んじゃった。『イテテ、バカやろう!』って言われました。ある程度のお芝居のラインはありますが、それ以外はライオンの赤ちゃんを撮っている感じだったんじゃないかな。(CSの動物専門チャンネルの)アニマルプラネット青春版みたいなものですよ」と笑う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >