2017/08/28 23:30

竹内力、“監督”小沢仁志の手腕に最敬礼「世界で戦える」

竹内力と小沢仁志
竹内力と小沢仁志

 [映画.com ニュース] 竹内力が原案・製作総指揮・主演を務めたオリジナル連続ドラマ「闇の法執行人」のトークショーが8月28日、東京・スペースFS汐留で行われ、竹内、第4~6話の監督を担った“OZAWA”こと小沢仁志が出席した。

 物語は、親友の裏切りにより資格を剥奪された元エリート弁護士・龍崎剛(竹内力)が、政界からの圧力を受けながらも壮大なリベンジマッチを続ける姿を描いた。2人が肩で風を切って登壇すると、あまりの強面ぶりに場内のファンからはどよめきが沸き起こる。それでも小沢は「二日酔いなので、まっすぐ立てねえ」と低音を響かせて挨拶し、観客の笑いをさらっていた。

 数多の共演を経て“戦友”と認め合う竹内と小沢が、今作では原案・製作総指揮・主演&監督という今までにない立場で共闘。竹内は小沢の手腕に言及し、「本当に監督としての才能もすごく持っている。それを世界に発信したかった」と最敬礼だ。続けて「そういう動きをするプロデューサーが出てこなかったから、俺がやるべきだと思った」と説明し、「俺では考えつかないような画作りや演出をしてくれる。大体、俺は不満を持って仕事するタイプだから、他の作品では監督とぶつかることが多かった。だから自分で製作会社をつくった。しかし小沢さんの現場では、俺はイエスマンだった。本当にすげえんだよ、マジで天才だから」と感嘆の言葉を並べた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >