2017/08/30 11:00

ベン・ウィショー、ヒュー・グラントの元恋人役に

1970年代のスキャンダラスな実話をドラマ化 写真:Shutterstock/アフロ 写真提供:アマナイメージズ
1970年代のスキャンダラスな実話をドラマ化 写真:Shutterstock/アフロ 写真提供:アマナイメージズ

 [映画.com ニュース] 英俳優のベン・ウィショーが、ヒュー・グラント主演の新ドラマ「A Very English Scandal(原題)」で、主人公の元恋人役を演じることがわかった。

 英政治家で同性愛者だったジェレミー・ソープをめぐるスキャンダルを、映画「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」「あなたを抱きしめる日まで」のスティーブン・フリアーズ監督がテレビドラマ化。約25年ぶりに英テレビドラマに出演するグラントがソープを、ウィショーがソープの元恋人でモデルのノーマン・スコットを演じる。米Deadlineによれば、フリアーズ監督が8月25日(現地時間)、英エディンバラ国際テレビジョン・フェスティバルでウィショーの出演を発表したという。

 自由党の若き党首だったソープは、元恋人のスコットから同性愛者であることを公表すると脅され、殺し屋を雇いスコットの殺害を計画。殺害は未遂に終わり、ソープは1979年に殺人共謀、扇動の罪に問われたものの無罪となったが、このスキャンダルにより政治家としてのキャリアは絶たれた。新ドラマは、英ジャーナリストのジョン・プレストンによる同名書籍を題材に、「ドクター・フー」のラッセル・T・デイビースが脚本を執筆。3部構成で、英BBC1で放送される。

 ウィショーとグラントは大ヒット映画の第2弾「パディントン2」(18年1月公開)にともに出演、ウィショーが前作に引き続き主人公パディントンの声を担当し、グラントが新たな敵フェニックス・ブキャナンを演じている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >