2017/08/30 17:30

クストリッツァ監督の“ファン代表”作家・宮内悠介、最新作は「監督の集大成になっている」

雑誌「映画横丁」編集人の月永理恵氏(写真左)と共に
雑誌「映画横丁」編集人の月永理恵氏(写真左)と共に

 [映画.com ニュース]エミール・クストリッツァ監督の9年ぶりの最新作「オン・ザ・ミルキー・ロード」の公開、および監督の来日を控えた8月29日、都内でトークイベントが開催。クストリッツァ監督の大ファンを公言する作家で「あとは野となれ大和撫子」が直木賞候補になった宮内悠介氏がゲストとして登場し、雑誌「映画横丁」編集人の月永理恵氏と熱いクストリッツァ愛を語り合った。

 「黒猫・白猫」をきっかけにクストリッツァにとりつかれたという宮内氏。その魅力を問うと「自問しても『これ!』というのが思い浮かばない……。映画に集中できないほどの音楽、一筋縄ではいかない悪人、ろくでなしのオッサン、愛すべき動物たちといった要素はあるんですが……。ろくでなしの人々が出てくるけど、圧倒的な清らかさ、壊れていない世界を感じる」と語り、「真に魅力を感じているのは監督本人に対してなのではないか?」とも。

 宮内氏が持参したノートには、各作品のプロット、および張り巡らされた伏線、とその回収についての細かいメモがびっしりと書かれており、参加者を驚かせた。「黒猫・白猫」を例に宮内氏は「適当なラブコメのようで、実はものすごい伏線が張り巡らされている」と指摘。名作「アンダーグラウンド」についても「一見すると、映画の作法を無視したアバンギャルドな作りに見えて、すごくタイトでハリウッド的な作り方をされた作品」とその映画手法を分析する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン