2017/08/31 13:46

竹野内豊、偏屈な数学講師役との共通点は心にぽっかりとあいた“穴”!?

朗読教室が舞台のラブロマンス
朗読教室が舞台のラブロマンス

 [映画.com ニュース]連続テレビ小説「あさが来た」など知られる脚本家・大森美香によるNHKのドラマ10「この声をきみに」の会見が8月31日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の竹野内豊、共演の麻生久美子が出席した。NHKドラマ初主演を飾った竹野内は「撮影を始めてから約1カ月、スタッフの皆さんと汗だくになりながら撮影しています。このような地に足のついた作品に参加できるのは光栄です」と充実の表情を浮かべていた。

 “大人が楽しめるラブロマンス”を目指した本作の舞台となるのは、現在静かなブームを巻き起こしている朗読教室。大学で数学を教えている穂波孝(竹野内)は話すことが苦手で、学生からの人気もない46歳の中年男性。やがて学部長からの命を受け「話し方教室」に通い始めるが、講師・江崎京子(麻生)と言い争ってしまい、険悪な雰囲気を残して教室を去ってしまう。だが、数日後、孝は思わぬ場所で京子と再会。そこは町のはずれにある、小さな朗読教室だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >