2017/08/31 20:00

レイチェル・ワイズ主演の法廷劇「否定と肯定」12月8日公開&原作者の来日が決定

(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
(C)DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

 [映画.com ニュース] ナチス・ドイツが収容所で行ったユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を題材にした映画「Denial(原題)」が、「否定と肯定」の邦題で12月8日から日本公開されることがわかった。あわせて、レイチェル・ワイズ扮する歴史学者の眼差しに強い信念を感じさせるポスタービジュアルもお披露目された。

 本作は、2016年の第41回トロント国際映画祭に正式出品された法廷劇。94年、ユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、イギリスの歴史家デヴィッド・アーヴィングが訴える“ホロコースト否定論”の主張を看過できず、真っ向から否定していたが、突如名誉毀損で提訴されてしまう。やがて、異例の法廷対決に臨むことになったリップシュタットをサポートするべく、イギリス人による大弁護団が結成され、アウシュビッツの現地調査が行われるなど、歴史の真実の追及が始まった。
そして、00年1月、多くのマスコミが注目するなか、王立裁判所で歴史的裁判が開廷する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >