2017/08/31 22:00

アニヤ・テイラー=ジョイ「ウィッチ」監督と吸血鬼映画で再タッグ

アニヤ・テイラー=ジョイ Photo by Venturelli/WireImage
アニヤ・テイラー=ジョイ Photo by Venturelli/WireImage

 [映画.com ニュース] 2015年のサイコロジカルスリラー「ウィッチ」でサンダンス映画祭監督賞に輝いたロバート・エガースが、古典ホラー「吸血鬼ノスフェラトゥ」をリメイクする新作に、アニヤ・テイラー=ジョイが出演交渉中であることがわかった。

 テイラー=ジョイは「ウィッチ」の演技で注目を集め、M・ナイト・シャマラン監督のスリラー「スプリット」(ジェームズ・マカボイ主演)のヒロインに抜てきされブレイクした注目の若手女優。米バラエティによれば、15年にリメイク版「吸血鬼ノスフェラトゥ」のメガホンを託されたエガースは、早くからテイラー=ジョイとの再タッグを希望していたが、テイラー=ジョイが「スプリット」以降、「X-MEN」シリーズのスピンオフ「ニュー・ミュータンツ(原題)」に起用されるなど多忙を極めることから、スケジュール調整が困難だったようだ。

 1922年のサイレント映画「吸血鬼ノスフェラトゥ」は、ブラム・ストーカーの「吸血鬼ドラキュラ」を下敷きにドイツ表現主義の名匠F・W・ムルナウが監督した傑作ホラー。1978年にもベルナー・ヘルツォーク監督、クラウス・キンスキー主演で「ノスフェラトゥ」としてリメイクされている。製作会社スタジオ8による今回のリメイク版は、エガースが監督・脚本を務め、クリス・コロンバス、娘のエリノア・コロンバスがプロデュースを手がける。

 なお、テイラー=ジョイは「スプリット」と「アンブレイカブル」(ブルース・ウィリス主演)のクロスオーバー作品となるシャマラン監督の新作「Glass(原題)」にも出演することが決定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >