2017/09/02 09:30

故ジョージ・A・ロメロのハリウッド殿堂入りを訴える募金活動が開始

ジョージ・A・ロメロ監督 Photo by Laura Lezza/Getty Images
ジョージ・A・ロメロ監督 Photo by Laura Lezza/Getty Images

 [映画.com ニュース] 7月に肺がんのため77歳で死去した、ゾンビ映画の始祖ジョージ・A・ロメロ監督のハリウッド殿堂入りを訴える募金活動がスタートした。

 「ゾンビ3部作」として知られる、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生」(1968)、「ゾンビ」(78)、「死霊のえじき」(85)で、後にポップカルチャーの主流となる新たなジャンルを確立したロメロ監督なくして、カルト的人気を誇る「バタリアン」(85)や「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04)などの傑作パロディ映画、さらには全米で社会現象を巻き起こすほどの大ヒットとなったサバイバルドラマ「ウォーキング・デッド」は生まれていなかったといっても過言ではない。

 米エンターテインメント・ウィークリー誌によれば、ロメロ監督は2016年、現在のゾンビブームの礎を築いた功績が認められ、ハリウッド大通りにある通称「ウォーク・オブ・フェーム」の星にその名が刻まれることになったものの、当人の死によりうやむやになってしまっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >