2017/09/03 19:00

歴史の陰に埋もれた戦後秘話をドラマ化「どこにもない国」制作開始 主演は内野聖陽

満州引き揚げの舞台裏をNHKがドラマ化
満州引き揚げの舞台裏をNHKがドラマ化

 [映画.com ニュース] 歴史の陰に埋もれた戦後秘話をNHKがドラマ化する「どこにもない国」が、9~10月に撮影されることがわかった。太平洋戦争終戦直後、旧満州に取り残された100万人を超える在留邦人の引き揚げに尽力した男たちの物語。主演はドラマ「仁 JIN」「臨場」や映画「海難1890」などで知られる内野聖陽が務め、共演に木村佳乃、原田泰造、蓮佛美沙子、満島真之介、片岡鶴太郎、萩原健一が名を連ねている。

 全財産を失い略奪暴行にさらされた挙句、日本との通信連絡も途絶し、邦人たちはソ連占領下の旧満州に取り残されていた。1日に平均2400人が命を落とす極限状況を打開するため立ちあがったのは、無名の民間人・丸山邦雄(内野聖陽)。日本へと脱出し、自らが使者となり窮状を訴え、日本、そしてアメリカを動かすしかないと決意を固めていく。

 英語が堪能な丸山は、資金力に富む実業家・新甫八朗(原田)、中国語を操る快活な若者・武蔵正道(満島)とチームを結成。妻や家族を満州に残しながらも、幾多の絶体絶命のピンチを乗り越え、ついに脱出に成功する。そして吉田茂(萩原)やマッカーサーに「早期の引き揚げ」を直言しただけでなく、ラジオで緊急性を訴え、世論を大いに喚起していく。やがて、100万を超える邦人の満州からの引き揚げが実現。そのなかには、丸山の妻・万里子(木村)、新甫の妻・マツ(蓮佛)の姿もあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >