2017/09/04 16:00

金子雅和監督「アルビノの木」ポルトガルの映画祭で3冠 日本映画初の快挙

「アルビノの木」の一場面 (C)kinone
「アルビノの木」の一場面 (C)kinone

 [映画.com ニュース] 金子雅和監督の長編第2作「アルビノの木」が、ポルトガルのリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズで開催された国際映画祭、フィゲイラ・フィルム・アート2017で、最優秀長編劇映画、最優秀監督、最優秀撮影の3冠に輝いた。本映画祭で初の日本映画受賞となる。

 同映画祭は、ヨーロッパ有数のポルトガルのリゾート地、フィゲイラ・ダ・フォズで1972年より2002年まで開催の後、10年の休止を経て、2014年に再開。今年は新生4回目の開催で、世界23カ国からの67作品を上映、メインコンペティションとなる長編劇映画部門は10カ国15作品で競われた。

 映画は、農作物を荒らす害獣駆除に従事する主人公が、病気の母の手術費捻出のために、かつて鉱山として栄えた村で、神のように崇められている白鹿を秘密裏に撃つ高額報酬の仕事を引き受ける。村人が大切にしてきた特別な存在を撃たなければならない主人公の苦悩を圧倒的な映像美で描く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン