2017/09/05 14:00

黒猫チェルシー渡辺、クストリッツァ監督愛爆発!「人を撮っているのが魅力」

堂島孝平の影響ではまったという
堂島孝平の影響ではまったという

 [映画.com ニュース] 映画「オン・ザ・ミルキー・ロード」の公開を記念して9月4日、エミール・クストリッツァ監督の大ファンを公言し、音楽活動に加え俳優、監督としても活躍する渡辺大知(黒猫チェルシー)が都内でトークイベントを行った。

 “イタリアの宝石”モニカ・ベルッチをヒロインに迎え、クストリッツァ自身が主演を務めた本作。戦争が終わらない国を舞台に、ミルク売りの男と美女の愛の逃避行を描き出す。

 松岡茉優主演の「勝手にふるえてろ」の公開が控える渡辺のクストリッツァ作品との出合いは「アンダーグラウンド(1995)」。大学受験の際、関西から上京し、ミュージシャンの堂島孝平の家に泊まったそうで「受験の前の日に『これいいよ』と貸してもらって(笑)。受験が終わって家で見て、衝撃を受けました」という。

 クストリッツァ作品の魅力は「人を撮っていること」と渡辺。「人を撮れば、自ずとそれが街を撮ることになり、国を撮ることにもつながる。人の関わりを描くことで国と国の関わり、それが憎しみ合いにつながっていくことを教えてくれる。例えばマーティン・スコセッシはニューヨークという街を撮ることで、そこに人が映る。ジム・ジャームッシュは精神を撮ることが人を映すことになる。これがしょうもない監督だと、“映画”を撮ろうとして、必要な場所や人を用意しようとするけど、その時点で映画に負けてる、クストリッツァはまず、人を撮るんです」と評論家顔負けの考察で、会場につめかけたファンをうならせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >