2017/09/06 08:30

セイント・ビンセント「ドリアン・グレイの肖像」で映画監督デビュー

映画監督デビュー! Photo by John Lamparski/WireImage
映画監督デビュー! Photo by John Lamparski/WireImage

 [映画.com ニュース] セイント・ビンセントの名で知られるシンガーソングライターのアニー・クラークが、オスカー・ワイルドの小説「ドリアン・グレイの肖像」を原作とした米ライオンズゲートの新作映画で長編監督デビューを果たすと、米バラエティが報じた。

1890年発表の「ドリアン・グレイの肖像」は、不可思議な肖像画に翻弄される不老の美青年ドリアン・グレイを主人公にした、ワイルド唯一の長編小説。アルバート・リューイン脚色・監督による1945年版をはじめ、過去に幾度となく映画化されてきた。

同サイトによれば、ポール・バーホーベン監督のエロティックサスペンス「エル ELLE」の脚本家デビッド・バークが執筆する今回の脚本では、主人公を男性から女性に置き換えるという大胆な試みがなされているという。

クラークは、デビューアルバム「セイント・ビンセント」で2015年グラミー賞最優秀オルタナティブ・アルバム賞を受賞。女性監督たちがそれぞれ女性主人公を描くホラー・アンソロジー「XX(原題)」(17)の一編「バースデー・パーティー(原題)」で初メガホンをとった。同短編でクラークは、監督に加え共同脚本と音楽も手がけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >