2017/09/06 11:00

トランプ大統領がハリウッド映画にカメオ出演できた理由 マット・デイモンが暴露

目立ちたがり屋のドナルド・トランプ米大統領 Photo by Jamie McCarthy/Getty Images
目立ちたがり屋のドナルド・トランプ米大統領 Photo by Jamie McCarthy/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米人気俳優マット・デイモンが、大統領就任前のドナルド・トランプが映画に出演するために駆使してきた手法を暴露した。

 2本の主演映画をひっさげ、ベネチア国際映画祭入りしたデイモンは、ハリウッド・レポーター紙の取材でトランプ大統領について聞かれると、「彼が所有する建物で撮影をする場合は、映画に彼の役を盛り込まなくてはならないという条件があったんだ」と告白。トランプ大統領は、不動産王時代に「ホーム・アローン2」(1990)にカメオ出演し、当時絶大な人気を呼んだマコーレー・カルキンと共演を果たしていたことで知られているが、実は自らの権力を利用していたとデイモンは主張する。

 「『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』を撮っていたときも、マーティン・ブレスト監督はトランプの出演場面を作らなくてはならなくなり、全クルーで対応に当たらなくてはならなかった。そして、くだらないショットを撮るために1時間を無駄にする羽目になったんだ。ドナルド・トランプがやってきて、アル・パチーノが『こんにちは、トランプさん!』と挨拶する。彼の名前を言わなきゃいけないという条件付きだ。その後、彼が歩き去って行くという。撮影許可を得るためには時間の無駄が必要で、編集のときにそのシーンをカットすれば問題はない。『ホーム・アローン2』では、登場シーンを残したみたいだけれどね」

 デイモンがこのエピソードを知った経緯は不明だが、トランプ大統領らしいエピソードである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >