2017/09/06 11:46

坂本龍一ドキュメンタリーにベネチアが熱狂!行く先々で声をかけられる人気

坂本龍一とスティーブン・ノムラ・シブル監督 (C) Kazuko Wakayama
坂本龍一とスティーブン・ノムラ・シブル監督 (C) Kazuko Wakayama

 [映画.com ニュース] 第74回べネチア映画祭の開催5日目、坂本龍一を追ったドキュメンタリー「Ryuichi Sakamoto:CODA」がアウト・オブ・コンペティション部門で上映され、坂本が監督のスティーブン・ノムラ・シブルとともにレッドカーペットに登場し、大きな歓声で迎えられた。

 上映に先立つ会見で、ドキュメンタリーのきっかけを聞かれた坂本は英語で、「ふだん人前に出るのはあまり好きじゃないんですが、監督のとても紳士的で控えめで寛大な人柄にほだされました」と語った。

 映画は、2012年から坂本に密着。音楽的な活動のほか、東日本大震災後に福島を訪れたり、ニューヨークの自宅で作曲をする様子など、社会活動家としての側面やプライベートな顔も紹介するドキュメンタリーとなっている。さらにYMO時代のフッテージや、ベルナルド・ベルトルッチからサウンドトラックを依頼された「ラスト・エンペラー」のエピソードなども。もっとも、ドキュメンタリーにありがちなキャリアの総括やインタビューの集積といったものではなく、アーティストを静かに見つめ、その内なるインスピレーションに寄り添うような作りになっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >