2017/09/06 15:15

黒沢清監督と4度目タッグの作曲家・林祐介「散歩する侵略者」でレア楽器を多数使用!

音楽も黒沢監督の重要な要素
音楽も黒沢監督の重要な要素

 [映画.com ニュース] 劇団「イキウメ」の人気舞台作品「散歩する侵略者」を映画化した黒沢清監督が9月5日、音楽を手がけた作曲家の林祐介とともに、都内でトークイベントを行った。今回のタッグの舞台裏を語ったほか、林がキーボードによる生演奏を披露した。

 数日間の行方不明の後、夫・真治(松田龍平)が別人のようになった状態で帰宅し、変ぼうぶりに戸惑う妻・鳴海(長澤まさみ)。時を同じくして、ちまたでは不可思議な現象や一家惨殺事件が次々と発生し、真相を追うジャーナリスト・桜井(長谷川博己)は謎めいた若者たちに会ったことから騒動の真相を知る。

 2003年の「ドッペルゲンガー」以降、本作が4度目のタッグとなる黒沢監督と林。「映画音楽とは物語の最後に解釈するもの」という黒沢監督は、音楽を依頼する際はキャラクターの感情に添うものではなく、物語に添った音楽をオーダーするという。本作においては「クラシカルな中にもSFらしさがある音楽を」と依頼したと明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >