2017/09/06 15:20

ファッショニスタは「プラネタリウム」をどう見た?BEAMSディレクター「衣装が完ぺき」

(左から)中郡暖菜氏と青野賢一氏
(左から)中郡暖菜氏と青野賢一氏

 [映画.com ニュース] オスカー女優ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが共演した映画「プラネタリウム」のトークイベントが9月5日、都内で行われ、「ビームス創造研究所」の青野賢一クリエイティブディレクターと雑誌「bis」の中郡暖菜編集長が作品の魅力を語るとともに、劇中に登場する1930年代のファッションを解説した。

 舞台は、1930年代の仏パリ。ポートマンとデップ演じるスピリチュアリストの姉妹が、ある映画プロデューサーから世界初の心霊映画の製作を持ちかけられ、運命を狂わせていくさまを描く。「美しき棘」のフランス人女性監督レベッカ・ズロトブスキがメガホンをとった。

 中郡氏は「最初はキラキラした映像と主演2人の美しさもあり、ガーリーな映画かと思っていたけど、どんどん深みにあるお話になっていった。異常性がピックアップされていて興味深い」と雰囲気が次第に変容していく点を見どころに挙げた。本作の衣装に関しては「エレガントだけど普段でも取り入れられる素敵なファッションがたくさん見られた」といい、「今、ビンテージがブームなんです」と劇中衣装の数々が最新トレンドにも合致すると解説した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >