2017/09/07 17:00

迫真の戦争描写にも注目 実話描く「ヒトラーに屈しなかった国王」予告披露

人間ドラマと戦争描写を両立 (C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/ Film Vast/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures
人間ドラマと戦争描写を両立 (C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/ Film Vast/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

 [映画.com ニュース] 第89回米アカデミー賞の外国語映画賞ノルウェー代表作品になった「ヒトラーに屈しなかった国王」の予告編が、このほどお披露目された。第二次世界大戦下、ナチス・ドイツに抵抗し続けたノルウェー国王・ホーコン7世の実話を描いた今作。予告映像は、手持ちカメラで撮影された銃撃シーンや、上空を飛び交う戦闘機などにより、見る者にあたかも戦時下にいるかのような緊張感を与える仕上がりだ。

 1940年4月9日、ドイツが首都オスロに侵攻を開始する。圧倒的な戦力差になすすべもなく主要都市は占領されていくなか、ドイツ公使による降伏要求が突きつけられるが、国王ホーコン7世はこれを拒否。なおも要求は苛烈を極め、ナチスに従うか国を離れて抵抗を続けるか、ホーコン7世は家族と国民のため、究極の選択を迫られる。

 予告は、ノルウェー軍がドイツを大砲で迎撃するシーンから始まる。一方で降伏を強要するドイツ公使を前に、ホーコン7世が国民、祖国、家族のために「降伏か、抵抗か」を選択しなければならず、苦渋の表情を浮かべる模様が随所に映し出されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >