2017/09/08 09:00

長澤まさみ、“世界の崩壊”を描く「散歩する侵略者」で追求した女性のリアルな心情

演じる上でのキーワードは“愛”と“怒り”
演じる上でのキーワードは“愛”と“怒り”

 [映画.com ニュース] 劇作家・演出家の前川知大氏率いる「イキウメ」の人気舞台作品を映画化した「散歩する侵略者」で名匠・黒沢清監督と初タッグを組んだ主演女優・長澤まさみが、本作での挑戦について語った。

 数日間の行方不明の後、夫・真治(松田龍平)が別人のようになった状態で帰宅し、変ぼうぶりに戸惑う妻・鳴海(長澤まさみ)。時を同じくして、ちまたでは不可思議な現象や一家惨殺事件が次々と発生し、真相を追うジャーナリスト・桜井(長谷川博己)は謎めいた若者たちに会ったことから騒動の真相を知る。

 松田と夫婦役に挑戦した長澤は、突如非日常に放り込まれた女性の混乱や不安をリアルに体現しつつ、たとえ別人のようになったとしても夫を思い続け、何が起こっても守ろうとする女性ならではのしなやかな愛をも演じきっている。長澤は「私が演じたのは愛の物語のパートなので、本気で松田さんのことを好きになる、大切な人と思うということが、第1歩かなと思って演じていました。自分に今までなかった、乗り越えられなかったお芝居ができればなと思っていたので、そういう感情は大切にしなくちゃなと。自分が没頭する、集中することが課題でしたね」と“愛”の表現に腐心したと明かす。長澤の努力が集約されたのが、鳴海が真治にあるセリフを投げかける見せ場のシーン。鳴海の真治に向けた途方もなく深い愛情が、見る者を震わせる内容となっているが「女性の愛というのは大きいと感じました」と振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >