2017/09/08 10:00

秦基博「あさがくるまえに」監督の死生観に共鳴 同名タイトルがつないだ縁

偶然が生んだコラボレーション (C) Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms
偶然が生んだコラボレーション (C) Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

 [映画.com ニュース] フランスの演技派が顔をそろえたヒューマンドラマ「あさがくるまえに」のカテル・キレベレ監督とミュージシャンの秦基博が対談を行い、映画と歌の共通点を語った。

 「ダゲレオタイプの女」のタハール・ラヒム、「母の身終い」のエマニュエル・セニエ、「Mommy マミー」などグザビエ・ドラン監督作品で知られるアンヌ・ドルバルが集結し、心臓移植をテーマにしたメイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を映画化。事故で脳死状態と宣告された青年とその両親、青年の恋人、医師、臓器移植コーディネーター、臓器提供を待つ女性音楽家とその息子たちの心の変容がすくい取られていく。

 秦の人気曲「朝が来る前に」が映画の邦題と同タイトルだったことから今回の対談が実現し、特製ミュージックビデオも製作された。秦は「まずはこうして邦題と自分の楽曲の名前が重なったことなど、偶然のシンクロに驚きましたが、実際に作品を拝見したら、映画に使われている音楽が素晴らしかったので、さらにもう1曲、自分の曲がそこに加わることが、果たして大丈夫かなあと、少し気がかりでした(笑)」と率直な思いを吐露する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >