2017/09/09 12:21

櫻井孝宏&小松未可子「西遊記2」アフレコの舞台裏明かす「台本とセリフ変わっている」

櫻井孝宏(右)と小松未可子
櫻井孝宏(右)と小松未可子

 [映画.com ニュース]チャウ・シンチー監督作「西遊記 はじまりのはじまり」の続編となる映画「西遊記2 妖怪の逆襲」が9月9日、全国19スクリーンで公開初日を迎え、日本語吹き替え版声優を務めた櫻井孝宏(三蔵法師役)、小松未可子(小善役)が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。

 「少林サッカー」「カンフー・ハッスル」などで知られるシンチーが今作では製作・脚本を手がけ、「セブンソード」などのツイ・ハークが監督を担当。天竺への旅を続ける妖怪ハンター・三蔵法師の一行が、立ち寄った比丘国(びくこく)で妖怪たちの逆襲にあう様を描く。

 2人はアフレコの舞台裏を告白。櫻井は印象的なシーンとして「冒頭のグチャグチャッとしたところ」を挙げ、「原音で聞くと、皆がいっぺんにしゃべっているので、『この声が自分の役か?』と探していました」と明かす。続けて「ツイ・ハークの色が強く出ていて。三蔵は巻き込まれて慌てふためくようなシーンが多く、アテレコは汗だく、もうスポーツでした」と喜々として振り返ると、小松も「アクション映画さながらでしたね」と同調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >