2017/09/10 10:00

「予兆 散歩する侵略者」黒沢清監督、夏帆×染谷将太×東出昌大の演技合戦に驚嘆

映画版とのテイストの違いについても解説 (C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ
映画版とのテイストの違いについても解説 (C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

 [映画.com ニュース] 劇団「イキウメ」の人気舞台を映画化した「散歩する侵略者」が公開中の黒沢清監督が、同作から生まれたスピンオフドラマで、連続ドラマW「贖罪」以来5年ぶりのWOWOWドラマ監督作となる「予兆 散歩する侵略者」の舞台裏を明かした。

 映画版では、夫が人間から概念を奪う“侵略者”に体を乗っ取られた状態で帰宅したことから生じる妻の葛藤や、世界が崩壊していく過程を、ラブストーリー要素をまじえて映し出したが、本作では夏帆と染谷将太が演じる夫婦が、東出昌大扮する侵略者にじわじわと生活を脅かされていく姿をサスペンスタッチで描出。「リング」シリーズで知られる脚本家・高橋洋が「蛇の道」以来およそ19年ぶりに黒沢作品に参加し、黒沢監督の真骨頂ともいえる恐怖演出が存分に盛り込まれた怪作に仕上がっている。

 本作では、「映画の物語がある町で起こっていたとしたら、その隣町では何があったか」をコンセプトに、高橋によるオリジナルのストーリーが展開する。黒沢監督も「真逆のテイストが楽しめる」と語るほど、両作のカラーが異なっているのが大きな特徴だ。中でも印象的なのは侵略者の立ち位置で、映画版では松田龍平が温厚な侵略者をひょうひょうと演じていたが、ドラマ版の東出扮する真壁は、概念集めに異常なほどの執念を見せ、“ガイド”と呼ばれる協力者の辰雄(染谷)を恐怖で支配する冷徹なキャラクターとして描かれる。東出の鬼気迫る怪演も相まって、「一言で言うとダーク」な、より侵略される恐怖を強めた内容といえる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >