2017/09/10 18:30

劇場版「Dance with Devils Fortuna」エンディング後に全6パターンのエピローグを上映

6種類のエピローグを上映 (C)グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会
6種類のエピローグを上映 (C)グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会

 [映画.com ニュース] ミュージカルアニメ「Dance with Devils」の劇場版となる「Dance with Devils Foruna」に、6パターンのエピローグが用意されていることがわかった。エンディング後に上映されるエピローグが上映回ごとに変更され、鉤貫レム、立華リンド、楚神ウリエ、南那城メィジ、棗坂シキ、ローエンのメインキャラクター6人が、それぞれ本編では明かされなかった思いを語る。あわせて、劇場版の新キャラクターで、リツカたちの物語を遠くから見つめるストーリーテラー・マリウスの、仮面の奥に隠された素顔の設定画も公開されている。

 「Dance with Devils」は、つつましい学園生活を送る高校2年生の少女・立華リツカが、仮の姿で学園に通うアクマたちとの出会いきっかけに、予期せぬ波乱に巻き込まれていく姿を描く物語。ゲームや漫画、2.5次元ミュージカルなど、幅広いメディアミックス展開を行っており、2015年にはミュージカル要素をふんだんに取り入れたテレビアニメ全12話が放送された。劇場版「Dance with Devils Fortuna」では、アクマたちや、秘密を抱える兄の間で心を揺らしながら、他のシリーズ作品とは異なる道をたどる、リツカの新たな恋物語が描かれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン