2017/09/11 11:00

「ワンダーウーマン」ガル・ギャドット、「マッドマックス」フュリオサ役落選を告白

「ワンダーウーマン」が大ヒット中の ガル・ギャドット Photo by JB Lacroix/WireImage
「ワンダーウーマン」が大ヒット中の ガル・ギャドット Photo by JB Lacroix/WireImage

 [映画.com ニュース] DCコミックの女性ヒーローを描いた主演作「ワンダーウーマン」が大ヒットを記録した女優ガル・ギャドットが、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に登場した人気キャラクター、フュリオサ役のオーディションに落選していたことを、米ハリウッド・レポーターのインタビューで告白した。

 フュリオサは独裁者イモータン・ジョーに反旗を翻す女戦士で、ワンダーウーマンと並ぶ“フェミニスト・アイコン”として知られる。イスラエル出身のギャドットは、「ワンダーウーマン」に起用される以前、オーディションのたびに夫・娘を連れてイスラエルとハリウッドを往復していた。しかし、大ヒットアクション「ワイルド・スピード」シリーズに出演した後も、チャンスをつかむことは難しかったそうだ。フュリオサ役のオーディションにも臨んだが、結果的に同役は「モンスター」のオスカー女優シャーリーズ・セロンの手に渡った。

 「何度も大きな役に決まりかけたけど、私には知名度が足りなかった。いつも最終的に私か、もう1人の有名女優か、ということになった」「そうしているうちに、家族を犠牲にしてこんなことをしたくないと思うようになったの。どうせダメなのに、続ける意味なんてある?って」とギャドットは語り、ハリウッド進出を諦め、イスラエルに戻る寸前だったという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >