2017/09/11 17:00

是枝裕和監督が投じた新たな一手、その真意に迫る

 [映画.com ニュース] 第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出された是枝裕和監督の最新作「三度目の殺人」が、9月9日から全国315スクリーンで封切られ、幸先の良い滑り出しをきった。近年、「奇跡」「そして父になる」「海街diary」「海よりもまだ深く」とホームドラマを手がけ続けてきた是枝監督が、新作に法廷ものを選んだ真意を映画.comに語った。(取材・文・写真/編集部)

 是枝監督は今作を製作するに際し、当初から「司法制度の存在そのものを否定するつもりはありませんが、果たして人は人を裁けるのか」を追求する姿勢を打ち出していた。そのため裁判を傍聴することはもちろん、1年以上にわたり弁護士への取材を敢行。さらに作品の設定通りに弁護側、検察側、裁判官、犯人に分かれて模擬裁判を実施し、ここで出てきたリアルな反応や言動を脚本に落とし込んでいった。

 協力を仰ぐ弁護士からは「日本の法廷のシステムでは、どんでん返しはありません」と言われたという。それもそのはずで、「公判をするには、どういう趣旨で誰を呼んでどんな証言をさせるかという公判前整理手続きをやり、検察側も弁護側も手の内を見せてしまう。すると、落としどころが見えちゃうんですよ。だから急に後ろの扉が開いて新証言、新証人が飛び込んでくるというのは、システムとしてありえない」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >