2017/09/11 18:00

爆音上映プロデューサー・樋口泰人、「ダンケルク」の見どころはまさかの“無音”!?

映画評論家の森直人氏、お笑いコンビ 「ダイノジ」の大谷ノブ彦と共に
映画評論家の森直人氏、お笑いコンビ 「ダイノジ」の大谷ノブ彦と共に

 [映画.com ニュース] クリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」「インターステラー」「インセプション」を大迫力のサウンドで上映するオールナイト爆音上映イベントが、9月8日深夜から9日早朝にかけて東京・新宿ピカデリーで開催。上映前には、「爆音映画祭」の仕掛人として知られる映画評論家・樋口泰人氏、映画評論家の森直人氏、お笑いコンビ「ダイノジ」の大谷ノブ彦のトークショーも行われた。

 第2次世界大戦中の1940年、フランスの港町ダンケルクでドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人を救うため、イギリスの輸送船や駆逐艦、民間船までもが動員された救出作戦「ダンケルクの戦い」を、“陸”“海”“空”の3つの視点から描く。世界興行収入は4億9200万ドルを突破(9月11日時点)し、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では93%(9月11日時点)の高評価を維持している。

 チケットがわずか2分で売り切れたという本イベント。樋口氏は「今朝まで音の調整をしていたのですが、チケットが2分で売り切れたというのが大変なプレッシャーでした(笑)。とても繊細に作られているので、ちょっと調整するだけでまったく変わる。銃弾やら爆撃やら色々な音が流れるなかで、どこかに合わせるとそれ用の全体像ができてしまう。できる限りバランスを取るために、ハンス・ジマーの音楽でウルっとくる部分に合わせました。泣いてもらえる“爆音”です(笑)」と意図を解説。「『インセプション』『インターステラー』に『ダンケルク』の音が入っているんです。それが聞こえると、過去の作品が一体化してくる」と見どころを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >