2017/09/12 12:00

東京国際映画祭「歌舞伎座スペシャルナイト」は市川海老蔵の舞踊と「地獄門」披露!

衣笠貞之助監督が手がけた名作「地獄門」 (C)KADOKAWA1953
衣笠貞之助監督が手がけた名作「地獄門」 (C)KADOKAWA1953

 [映画.com ニュース] 第30回東京国際映画祭(10月25日~11月3日)で開催される特別上映イベント「歌舞伎座スペシャルナイト」で、市川海老蔵による歌舞伎舞踏「男伊達花廓(おとこだてはなのよしわら)」の上演と、衣笠貞之助監督作「地獄門」(4Kデジタル復元版、英語字幕付き)の上映が決定。あわせて、日本映画クラシックス部門のラインナップが発表された。

 東京では初の上演となる「男伊達花廓」は、江戸一番の伊達男・御所五郎蔵(ごじょのごろぞう)を主人公にした物語。恋人・傾城との馴れ初め、折々に交わす逢瀬の様子を踊りで見せていき、五郎蔵が遺恨のある男たちを軽くあしらっていくさまを描き出す。海老蔵は「『男伊達花廓』は『御所五郎蔵』という河竹黙阿弥の世話狂言を元にしまして、侠客としての粋な風情や心意気、恋人の許へ通う男の色気を描きました舞踊です」と内容を説明し「華やかさ溢れる歌舞伎の様式美をお楽しみいただけることと存じます」「歌舞伎に初めて触れる方をはじめ、日本の伝統文化の素晴らしさを世界へと伝えることができれば嬉しく思います」とコメントを寄せている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >