2017/09/12 12:30

ライアン・ジョンソン監督、“スター・ウォーズ屏風&狂言”の完成度に「ワンダフル!」

世界遺産・平等院でヒット祈願!
世界遺産・平等院でヒット祈願!

 [映画.com ニュース]大ヒットSFシリーズ最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の成功祈願イベントが9月12日、京都の世界遺産・平等院で行われ、来日中のライアン・ジョンソン監督、京都府知事・山田啓二氏が出席。同作をモチーフにした宇治出身のアーティスト・こうじょう雅之氏が手がけた「武人画屏風」と「スター・ウォーズ狂言」奉納がお披露目された。

 戦国時代や三国志などの歴戦の武人を墨で描く“武人画アーティスト”こうじょう氏による「武人画屏風」は、R2-D2&C-3POコンビ、カイロ・レンといった同作の人気キャラクターを“二曲一双”の形状に描いている。ジョンソン監督は、まるでキャラクターが飛び出してきそうな仕上がりに「目を見張る美しさ」と驚きを隠せない様子だった。「『スター・ウォーズ』のスタイルは、日本の文化、美意識にインスピレーションを受けている部分がある。そういった意味でも素晴らしい」と語ると、こうじょう氏は「私の武人画では“覚悟”を描いています。今回はキャラクターたちの“覚悟”を表現したかった。見る方に色々なとらえ方をしてほしい」と作品への思いを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >