2017/09/12 14:30

猪瀬直樹、「ナインイレヴン」を通して日本人に警鐘「9・11は他人事じゃない」

東日本大震災を想起したという
東日本大震災を想起したという

 [映画.com ニュース]2001年の米同時多発テロ事件を題材にした映画「ナインイレヴン 運命を分けた日」(公開中)の公開を記念し、事件発生日から16年経った9月11日に都内でトークイベントが開催。作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏が登壇し、自身の経験を踏まえながら危機管理について語った。

 パトリック・カーソンによるオフブロードウェイ舞台「エレベーター」を、チャーリー・シーン、ウーピー・ゴールドバーグらの共演で映画化。事件当日、標的となったワールドトレードセンターのエレベーターに乗り合わせ、38階辺りに閉じ込められた実業家ジェフリー(シーン)をはじめとする5人が、唯一の外部との通信手段であるインターホンのオペレーター、メッツィー(ゴールドバーグ)に励まされながら、恐怖と戦う姿を映し出す。

 16年前の事件があった時期は日本は小泉政権が発足して半年余りのころで、猪瀬氏は政権が掲げた高速道路の民営化のために奔走していた。当日の午後も首相官邸や政治家の事務所を回っていたそうで「家に帰ってテレビをつけたら、ビルに飛行機がぶつかってて『なんだこれ!』と思った」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >