----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/13 12:00

「オン・ザ・ミルキー・ロード」の巨匠監督来日、自身のバンドで歌い狂う!?

「オン・ザ・ミルキー・ロード」では主演も務める (C)2016 LOVE AND WAR LLC
「オン・ザ・ミルキー・ロード」では主演も務める (C)2016 LOVE AND WAR LLC

 [映画.com ニュース] 9年ぶりの最新作「オン・ザ・ミルキー・ロード」が、9月15日より劇場公開される天才監督エミール・クストリッツァ。同作は“イタリアの宝石”モニカ・ベルッチをヒロインに迎え、紛争下で芽生えた恋と逃避行を自身の主演で描いた奇想天外でファンタジックなドラマだ。そして新作のキャンペーンで来日したクストリッツァが、自らが率いるバンド“ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ”で9月2日に1日だけのライブを敢行。東京・お台場のZepp 東京に老若男女、幼い子連れの家族まで幅広い層が集まり、満員状態のフロアで踊りまくる狂騒の一夜が実現した。

 ノー・スモーキング・オーケストラが来日したのも9年ぶり。クストリッツァ作品の多くに音楽を提供し、時に出演もしている旧知のメンバーたちが“ウンザ、ウンザ”と名付けた独自のミクスチャー音楽を奏でるスタイルは変わっていない。編成はリズムギター&ボーカルのクストリッツァを筆頭に、バイオリン、アコーディオン、リードギター、サクソフォン、トランペット、ベースにドラムとオッサンばかりの9人。なぜかソビエト連邦の国歌でステージに現れ、曲と曲の間にやたらとヘンリー・マンシーニの「ピンク・パンサーのテーマ」をはさみながら、無国籍なパーティーミュージックを鳴り響かせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >