2017/09/14 04:00

佐藤健×土屋太鳳「8年越しの花嫁」予告編公開!主題歌はback numberの新曲

運命と戦う男女を支える楽曲 (C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会
運命と戦う男女を支える楽曲 (C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

 [映画.com ニュース] 佐藤健と土屋太鳳がダブル主演し、岡山県に暮らすあるカップルに起きた実話を映画化する「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の予告編が、公開された。あわせて、人気バンド「back number」が新曲「瞬き」を本作のために書き下ろしたことがわかった。

 結婚式を3カ月後に控えた2006年末、麻衣(土屋)は発症率が300万人に1人という難病「抗NMDA受容体脳炎」と診断されてしまう。昏睡状態が続くなか、尚志(佐藤)は諦めずに回復を祈り続ける。数年後、麻衣は奇跡的に意識を取り戻すが、尚志に関する記憶が失われていた。「64 ロクヨン 前編」「64 ロクヨン 後編」の瀬々敬久監督がメガホンをとり、「阪急電車 片道15分の奇跡」の岡田惠和が脚本を執筆したほか、薬師丸ひろ子、杉本哲太、北村一輝、浜野謙太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治らが出演する。

 予告編は、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」や「オオカミ少女と黒王子」など映画主題歌も数多いback numberのエモーショナルな楽曲が流れるなか、佐藤と土屋演じるカップルの闘病の様子をドラマティックに切り取っている。結婚が決まり幸せの絶頂の2人だったが、麻衣が突然の病魔に倒れてしまう。絶望的な状況に両親からは「もう忘れてください」と言われるが、尚志は「麻衣さんのそばにいさせてください」と懇願し、献身的に支え続ける。数年後、麻衣が目覚めてからも試練が次々と2人を襲い、ついには尚志が麻衣のもとを去るという事態に。2人の行く末が気にかかる内容となっている。佐藤と土屋がこん身の演技で運命に立ち向かうカップルになりきっており、病気と闘う姿や雨の中で抱き合う姿など、見せ場のシーンがたっぷりと盛り込まれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >