----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/14 19:00

鬼才クストリッツァ監督が「オン・ザ・ミルキー・ロード」に込めた譲れぬもの

来日ライブも盛況
来日ライブも盛況

 [映画.com ニュース]「アンダーグラウンド(1995)」「ライフ・イズ・ミラクル」など旧ユーゴスラビアの戦争や政治を題材に、笑いと哀しみの入り混じった傑作を世に送り出してきたエミール・クストリッツァ監督。9年ぶりの最新作にして自ら主演を務め、モニカ・ベルッチをヒロインに迎えた「オン・ザ・ミルキー・ロード」についてたっぷりと話を聞いた。

 今回、自らが率いる“ノー・スモーキング・オーケストラ”を引き連れて来日を果たしたクストリッツァ。取材の前日に一夜限りのライブを行なっており、さすがにお疲れの様子。ライブ後にメンバーと飲み明かしたのかと思いきや、時差のせいで眠れず、朝まで小説を執筆していたのだとか。改めて62歳の異才のバイタリティに驚かされる。

 とある架空の国を舞台にした本作は、ミルク売りの男と数奇な運命をたどってきた美女の愛の逃避行を描き出す。自身が演じた主人公・コスタと恋に落ちるヒロインに“イタリアの宝石”モニカ・ベルッチを起用したこと。さらにコスタに恋する若い娘まで登場することから「ベルッチと共演したくて主演したのか?」「自作自演でモテモテ男をやりやがって!」という嫉妬の声も聞こえてきそうだが、クストリッツァは自ら主演した理由について「ビジュアル的に、自分を表現する必要があったからさ(笑)」と説明。一方、ベルッチについては「女性の世界を代表するような、古典的な美女を探し求めた結果であり、60年代のイタリア映画を彷彿(ほうふつ)とさせるような美女を描きたかったんだ」とのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >