2017/09/14 23:30

リブート版「ヘルボーイ」から白人俳優が降板 ホワイトウォッシングと批判受け

エド・スクライン Photo by Samir Hussein/WireImage
エド・スクライン Photo by Samir Hussein/WireImage

 [映画.com ニュース] リブート版「ヘルボーイ(原題)」に出演が決まっていたエド・スクライン(「デッドプール」「トランスポーター イグニッション」)が、ネット上の批判を受けて、自ら降板する決意を固めたとハリウッド・レポーター紙が報じた。

 同作は、米ライオンズゲートとミレニアム・フィルムズが、ギレルモ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演のSFアクション「ヘルボーイ」をR指定映画としてリブートする注目作。心優しい異形のヒーロー、ヘルボーイ役にデビッド・ハーバー(「ストレンジャー・シングス 未知の世界」)、ヘルボーイの養父ブルーム教授役をイアン・マクシェーン(「ジョン・ウィック」シリーズ)、悪役ブラッド・クイーン役にはミラ・ジョボビッチ(「バイオ・ハザード」シリーズ)が決まっている。

 スクラインは、ヘルボーイと同じ超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)に所属する手荒な元軍人ベン・デミオ役を演じると発表されていたが、原作でアジア人という設定のキャラクターをイギリスの白人俳優が演じることにクレームが殺到。「ドクター・ストレンジ」や「ゴースト・イン・ザ・シェル」など、最近のハリウッドではアジア人のキャラクターを白人俳優が演じる、いわゆる「ホワイトウォッシング」が物議を醸していることから、ベン・デミオ役のキャスティングも大きな批判を浴びることになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >