2017/09/15 08:00

「ブレードランナー」短編アニメ製作決定&予告公開!渡辺信一郎が空白期間の一大事件を描く

第1作と「ブレードランナー 2049」をつなぐ内容
第1作と「ブレードランナー 2049」をつなぐ内容

 [映画.com ニュース] SF映画の金字塔「ブレードランナー」(1982)と続編「ブレードランナー 2049」をつなぐ短編作品の1エピソードを、人気アニメ「カウボーイビバップ」や「アニマトリックス」を手がけた渡辺信一郎監督が手がけることがわかった。

 「ブレードランナー 2049」では、前作のメガホンをとったリドリー・スコットが製作総指揮を務め、新たに「メッセージ」「ボーダーライン」「プリズナーズ」のドゥニ・ビルヌーブ監督を起用。2019年の近未来を舞台に、労働用の人造人間“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”の追跡劇を描いた前作から30年後。現役捜査官のK(ライアン・ゴズリング)が30年間行方不明だったデッカード(ハリソン・フォード)を探すところから物語が始まる。

 「ブレードランナー ブラックアウト2022」と題された短編アニメは、第1作と最新作の間に横たわる“空白の30年間”の出来事を描く内容となる。渡辺監督が「ブレードランナー 2049」の製作スタジオであるAlcon Entertainmentからオファーを受け、今回の抜てきにつながった。予告編も公開され、渡辺監督が「アニメの仕事をするうえで1番影響を受けた作品はやはり『ブレードランナー』になります。やるならぜひ自分がやりたいなという気持ちもありましたので、今回参加させていただくことになりました」と経緯を語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >