2017/09/15 09:30

ドランら“ミレニアム世代”の旗手カテル・キレベレ、「あさがくるまえに」に込めた“生の光”

長編映画監督は本作で3本目 (C) Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms
長編映画監督は本作で3本目 (C) Les Films Pelleas, Les Films du Belier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

 [映画.com ニュース][映画.com ニュース] フランス国内で数々の文学賞に輝いたメイリス・ド・ケランガル氏のベストセラー小説を原作に、心臓移植という現実に直面した家族、恋人、医療関係者たちの姿を描くフランス映画「あさがくるまえに」。6月に開催されたフランス映画祭での上映のために来日した、新鋭監督カテル・キレベレに話を聞いた。

 交通事故で脳死となった青年・シモン(ギャバン・バルデ)。心臓に疾患を抱える音楽家のクレール(アンヌ・ドルバル)。彼らの家族や恋人たちの葛藤、医師や移植コーディネーターたちの働きを、シモンの事故から24時間という時の中で描き出していく。

 原作を脚本化するにあたって「医学的、科学的な部分を正確に緻密に描くこと。立場や生きている場所の異なる登場人物たちが1つの体験を共有しますが、それぞれの感情をどう描写するか? それまで生きていた人がいなくなる――そのことに携わる人々の視点の違いをきちんと描くこと。これらの点を重視しました」と語るキレベレ監督。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >