2017/09/15 16:00

新世代のフレンチノワール「汚れたダイヤモンド」新鋭アルチュール・アラリに聞く

(C)LFP‐Les Films Pelleas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinema / Jouror Productions
(C)LFP‐Les Films Pelleas / Savage Film / Frakas Productions / France 2 cinema / Jouror Productions

 [映画.com ニュース]フランスのアカデミー賞と言われるセザール賞で主演のニール・シュナイダーが新人男優賞を受賞したほか、フランス映画批評家協会賞で第1回作品賞を受賞するなど、本国で高い評価を得たフレンチノワール「汚れたダイヤモンド」が9月16日公開する。俳優出身でこれが初長編監督作となるアルチュール・アラリ監督が来日し、作品を語った。

 パリで強盗に明けくれるピエールは、音信不通だった父が死んだことを知らされる。ベルギーのアントワープでダイヤモンド商家に生まれた父は、ダイヤの研磨作業中に事故で手先を失い、その影響で精神を病んで死んだ。父のみじめな最期を思い、一族の長として父を追いこんだ伯父ジョゼフに対する復讐を決意したピエールは、パリからアントワープへ向かうが、ダイヤモンドに触れたことで父から受け継いだ血が騒ぎ、さらなる悲劇を生む。

 主人公の抗えない運命と悲劇を描いた、オリジナリティ溢れる力強い物語だ。「まず、ジャンル映画の企画があったので、父親の復讐を描く家族の物語を撮りたいと思ったのです。家族にとって貴重なものを盗む、そういった強盗事件事件を思いつきました。そこでまず最初に、スイスの高級時計を作る地域に向かったのですが、その後知人にベルギーのアントワープがダイヤ商人街だということを聞き、そのアトリエを見たところ何かドキュメンタリータッチで物語を作れると考えたのです。そこに様々な人間関係を構成していきました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >