2017/09/15 18:00

特集上映「大映女優祭」12月9日から開催 京マチ子らの“美”が際立つポスター&予告も

女優主演作をフォーカス!
女優主演作をフォーカス!

 [映画.com ニュース]大映(現KADOKAWA)の創立75周年を記念した特集上映「大映女優祭」が、12月9日から開催されることが決定。あわせて、日本の映画史を彩った名女優たちの“美”が際立つポスタービジュアルと予告編がお披露目された。

 大映は1942年に創立し、71年に倒産するまでの約30年間の間、「羅生門」「雨月物語」「地獄門」「炎上」など、日本映画史に名を刻む傑作を数多く世に送り出してきた映画会社。「おとなの大映祭」に続く特集上映第2弾の「大映女優祭」では、女優主演作品に特化し、内面の強さと外見の美しさを兼ね備えた女性の主人公の姿を描いた、4K復元版の「浮草」「雨月物語」といった全48作がラインナップされている。

 「その女たちは凛として、逞しい―」というキャッチコピーが添えられたポスタービジュアルでは、京マチ子、若尾文子、山本富士子、藤村志保、叶順子、関根恵子(高橋惠子)、渥美マリ、野添ひとみら伝説の女優たちが夢の競演を果たし、色あせる事のない輝きを放っている。モーリス・ラベル作曲のバレエ音楽「ボレロ」が高らかに響く予告編では、艶のある演技を披露する女優たちが次々と映し出される。愛する男と身を寄せ合い、情熱的な口づけを交わす一方で、女性キャラクターたちの瞳には、自らの力でその波乱の人生を生き抜いて行こうという強い信念がにじみ出ている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >